資金管理術を身に付けてさらに上を目指そう

FX成功のカギは「資金管理術」にあり

負けないFXの実践のために欠かすことができないのが「資金管理術」です。テクニカルやファンダメンタルズといった分析が多少覚束なくても資金管理さえきちんとできていれば、儲けは着実に積み上がっていくのではないかとさえ思います。

資金はFXを戦争と想定すれば「自国の保有兵力」です。自国兵力も把握せずに戦略・戦術は組み立てられませんよね。しかも、兵力も分からない、さらに戦略・戦術もない状態で戦場に立つ者がどういう末路をたどるか? 負けてしまうのは火を見るより明らかです。
兵力

管理方法自体は人によっていろいろな見方がありますが、筆者はプロスペクト理論の呪縛にとらわれないよう「最小単位」から「全体」を組み立てていく手法をおすすめします。ここでいう最小単位とは「躊躇せず損切りできる額」です。

一般的に損切りラインといえば、よく資金の1%~5%などともといわれますが、「そのぐらいであれば立て直しが可能だ」というだけで、明確な根拠があるわけではないように思います。だいたい、1%で設定するとしても、資金1000万円場合の損切り額は10万円ですし、資金10万場合のの損切り額1000円です。これがイコールでしょうか笑 相当な訓練を積まなければたとえ資産が1億円あっても、10万円の損切りを機械的に処理できるようにはならないんじゃないかと思います。

資産に対しての1%、という相対的な基準であっても、わたしたち人間にはそれとは別に日常生活上の「お金の絶対的な基準」があり、それが人間の心理に根深く植え付けられているのではないかと感じます。

お金を冷静に扱うには段階的なトレーニングを積むか、お金をお金として扱わない図太い精神が必要です。よく、悪銭身に付かずと言われるように、ギャンブルで稼いだお金があっというまに無くなったり、デモトレードでは資金を増やせるのに実践では増えなかったりといいったことが起きるのは、まさにこの点の認識がうまくいっていないのではないでしょうか。宝くじで1億ドル当たったはいいが、その後の人生が悲惨なほど狂ってしまう人と根源的な部分で一緒だと思います。

少しテストをしてみましょう。

「あなたは財布を落としてしまいました。どこで落としたのか、まるで見当がつきません。幸いにも身分証やクレジットカード、キャッシュカードの類は入れていません。入っていたのは純粋にお金だけです。それも全財産入れていたわけではないので、あなたはすっぱりあきらめることにしました」

さて、ここで質問です。

「その財布にはいくら入ってましたか」

10円、1000円、5000円、10000円…。いろいろな答えがあると思いますが、仮に答えをQ円としましょう。さて、そのQ円が、あなたの「金銭的損」に対しての許容できる絶対的基準です。つまり、損切りラインとみなしてみます。

損切りラインを資金総額の●%と相対的に設定するのでは、少額のうちは抵抗がなくとも、含み損の額が大きくなるにつれ、

「ここで損切りしなくてもちょっと我慢すれば戻るかも」

などと、心理的なためらいが生まれます。ためらいや迷いは、プロスペクト理論に否応なく絡め取られ、含み損をずるずる拡大させる泥沼化への一歩です。損切りラインQ円は資金がいくらあろうが関係ありません。お金に対する個々人の「器」あるいは「格」です。結局、だれしも「器」「格」を偽ることはできません。
器

自分を知らなければ敵に勝てないと孫子も言ってましたね。器や格は鍛えていくことができるものなので、最初は小さくても徐々に大きくしていけば問題ないともいえます。宝くじ当せんではこの「器」「格」が伴わないので身を滅ぼしますが、こつこつと積み上げていけば冷静に対処できるようになるでしょう。

資産運用の注意点はここだ

さて、その損切りラインQ円についてですが、Q円はFXで資金を運用する上での「最小単位」でもあります。「最小単位」を出発点として資金運用の注意点をみていきましょう。

ここではなじみの深いドル円(USD/JPY)のロング(買い)を例に話を進めます。ドル円の1日の値幅はおおむね50銭~1円50銭程度ですね。(値幅についてはあくまで参考値です。通貨ごとに特徴があり注意してくださいね。各業者でヒストリカルボラティリティとしてデータが提供されています)

さて、トレンドに乗った買いの順張りトレードであれば、前日同時刻比で1日50銭ほど円安ドル高(ドル円↑)が進行していれば、まず思惑通りです。気を付けなくてはいけないのは、ロンドン、NYのオープン&クローズや各種、経済指標による乱高下です。とくに政策金利発表や雇用統計では、瞬間的に1円単位で値が飛ぶこともあります。ただ、こうした「時間が分かっている動き」は対策を事前に講じておけば損失は回避できます。

厄介なのは、一見動く理由がない見当たらない「平場」での仕掛けです。ファンドなどが仕掛けた値動きに追随する動きがなかったり、仕掛けた側が狙ったストップロスの連続的発動がなかったりすれば、一瞬飛んだ値動きもいずれ元の動きに戻っていきます。

要はヒゲ対策、瞬間最大風速さえしのげば、ポジションを守ることができますよね。この時の値動きが損切りラインQ円内に収まるようにコントロールしていくのです。損切りラインQ円が仮に3000円とすれば、1円50銭の乱高下に耐えるポジション枚数は2000通貨です。意外と少数に思われるかもしれませんが、あくまで心理的な動揺なく「切れる額」であることが大事です。

まずは、勝率を高めるための順張りインディケーターを無料で試してみてください!

勝率の高い順張りインディケーターのモニターはこちらから

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする