今さら聞けない仮想通貨の基礎知識

盛り上がる仮想通貨市場とはどんなもの?

このところ、ニュースや新聞、ネットなどのメディアで仮想通貨が取り上げられることが多くなりました。2017年12月にはビットコイン(BTC)の価格が200万円を超えたと注目され、年が明けて2018年1月になったと思ったら、仮想通貨のひとつ「NEM」(ネム)の約580億円規模の流出騒動が起き、世間を騒がせています。今や投資対象として、株やFXの人気をしのぐほどの人気があるといわれる仮想通貨ですが、そもそもどんな仕組みのものなのか、簡単にご紹介したいと思います。

一般的には「仮想通貨=ビットコイン」のイメージが強いですね。でも、実は、ビットコインの他にもEthereum(イーサリアム)や昨年高騰したXRP(Ripple:リップル)など、主要な仮想通貨だけも約350種、その他マイナー仮想通貨までを含めると約1,300種以上あると言われています。ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」または「オルトコイン」とも呼びますが、これは「Alternative Coin」(オルタナティブコイン)の略称で、ビットコイン以外の代替コインを指します。

なぜ、ビットコインが仮想通貨の代表格のように語られるかというと、数ある仮想通貨の中でも運用開始が2009年1月からと古く、規模も大きいからといえます。論文の形で、暗号理論を語り合うフォーラムに電子通貨ビットコインを提案したのはサトシ・ナカモトを名乗る個人あるいはグループといわれています。でも、このサトシ・ナカモト氏、どこの誰なのかは不明で、その謎に包まれた人物像には各国のジャーナリストが正体探しに躍起になっています。ビットコインの流通規模は世界最大規模で、2017年12月のとある時点で約27兆円。日本最大の上場企業トヨタ自動車の時価総額23兆円(同)を上回るとされますから「仮想通貨界のボスキャラ」といっても過言ではないでしょう。仮想通貨市場全体でみると、2017年12月中旬以降でものすごい勢いで仮想通貨市場に資金が流れ込み最高時93兆円ほどまでになりました。

そもそも仮想通貨とはどんなものなのか

仮想通貨は単純にいえば、「インターネット上で使える通貨もどき」です。通貨とは銘打っていますが、厳密な意味では通貨と(現段階では)定義することはできません。本物の通貨のような発行元(各国の中央銀行、日本なら日銀)は存在せず、世界各地に点在するユーザが分散して管理しており、あくまで通貨のように流通し、各国通貨や商品などと交換できるため、仮想通貨と呼ばれています。このユーザーによる、分散管理にはビットコインでいえば「ブロックチェーン」と呼ばれる暗号技術が使われているため、仮想通貨のことを暗号通貨と呼んだりもしますね。

パズル
暗号技術は仮想通貨ごとに仕組みが違いますが、基本的には「みんなで管理する」というスタイルに変わりはありません。みんなで管理するというのがイメージが沸きづらいと思いますが、取引記録などを記載した電子台帳を暗号化した上でみんなで共有しており、ちょうどジグソーパズルにたとえるとパズル参加者全員が完成図と各ピースを保有しているような感じに近いかもしれません。全員が完成図も持っているので、偽造ピースは瞬時に見分けがつきますし、全ピースを一気に書き換えることもできないので、ハッキングによると偽造や不正は理論上不可能というもの。本物の通貨が中央銀行の頑丈な金庫で管理される中央集権型の構造と比べると、木は森に隠すがごとくオープンにしてしまった真逆の発想には驚かされるばかりですが、この堅牢な暗号技術があるからこそ信頼されて仮想通貨人気が高まっているといえるでしょう。

どうやって手に入れる仮想通貨

マイニング
仮想通貨を入手する方法としては取引所で取引するというのが一般的ですが、それとは別に一部の仮想通貨ではマイニング(採掘)に協力することで分け前をもらうこともできます。「電子通貨なのに採掘???」と不思議に思われるかもしれません。仮想通貨におけるマイニングとは、取引履歴を正確に電子台帳に記載していく行為を指し、パソコンを使った膨大な計算をこなすことを意味します。適当な計算では過去の台帳と整合性が取れず報酬はもらえません。早く正確に記載することで報酬をもらえるというのが、金やプラチナなどの鉱物資源の採掘作業に似ていることからマイニングと名付けられました。

ビットコインではこのマイニングによってしか通貨の新規発行は行われないほか、2140年までに2100万枚発行したらそれ以上の発行はありません。発行数に上限があるため、本物の通貨で起こりうるインフレーションやデフレーションが起きず、限りある資源だから価値があるという希少性も担保されるという仕組みですね。こうして考えてみると、仮想通貨、特にビットコインは「通貨」というよりも「金」に近い商品で、「埋蔵量には限りがあり、採掘もなかなか困難で、みんなが欲しがるから価値がある」という部分が共通しています。

現在は投資対象として人気の仮想通貨ですが、今後、私たちの日常生活に溶け込んで、通貨の代わりになっていく動きが広がっていけば社会インフラとしての整備も進んでいくと思われます。既に銀行間取引よりも速くて安いというメリットを生かして、ビットコインでの決済を導入する動きも広がっています。(といいながら、最近はビットコイン価格が上昇して決済費用の高騰が騒がれていますからまだ発展途上と思った方がよいですね。)まだまだ金融当局の法整備がおいついていない面もありますが、将来性を考慮して、少額から保有してみるのも面白いかもしれませんね。

まとめ

今からでも仮想通貨に手を出してみようかなぁと思っている方は、まずは仮想通貨取引所を開設しましょう。おすすめの仮想通貨取引所「BIT PLUS」はこちらから。

ビットプラス登録はこちら
※右上のJapaneseまたは、Languageで日本語切り替えが可能です
※リリース(本格利用)は少し先になるかもしれません。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする