4月5日のADP雇用統計の時チャートはどうやって動いたのか。

4月5日の夜はADP雇用統計、そしてFOMC議事要旨発表とニュースが続いていました。

ニュース前はうだうだする傾向にありますが、昨日はどんな感じだったのか。

順張りトレードのチャートでシグナルを確認してみたいと思います

続きを読みたい方は『人気ブログランキング』をクリックしてください。

人気ブログランキング

4月5日の順張りトレードのチャート

ADP雇用統計が『良かったね』ということでドルが大きく買われました。

その後のFOMC要旨発表で『がっかり』してドルが売られました。

ADPの時はチャートを見ていたのですが、それほど値動きは荒くなかったかなという印象でした。

FOMCの時は急激に上下に動いたので、ニュース前にポジションを持っていた人はつらかったと思います。

近の高値を更新しないな、というのを確認してから売るなどプライスアクションも参考にしながらエントリーするといいと思います。

FOMC後に私が実際にエントリーした事例です。直近高値超えないから売ってみよう。超えたら撤退。という感じでした。

順張りトレードのシグナル全集はこちらからどうぞ

”勝率の高い”順張りトレードのシグナル事例 随時更新中

 

まだ順張りトレードを体験していない方は

初回限定の無料トライアルをご利用ください。

ご希望の方はここをクリックしてメールをください。 メールソフトが起動します。

概ね24時間以内無料トライアルのファイルを送信致します。

ご新規様限定です。 

 

お得な情報・トレードツールの無料配布はメルマガで配信中!!

特価情報や開発中のトレードツールを無料でメルマガ限定で配布しています。

メルマガ参加フォームからご登録下さい。



メールアドレス

 

ネットショップでの購入はこちらからどうぞ

DLMarket

“勝率の高い”順張りトレードシステム(ノーマルモード)の商品説明ページ

今すぐ購入する

  

fx-on

“勝率の高い”順張りトレードシステム(ノーマルモード)の商品説明ページ

最後にもうワンクリック宜しくお願い致します。

にほんブログ村 為替ブログ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク