為替の方向音痴専用:どっちにいってもある程度勝てるトレード方法

昨日今日のように、こんなに動いている相場が毎日続くのであれば

ほぼなにも考えずに数千円程度は利益になるトレードアイデアです。

トレードのやり方

任意のPips幅で買いと売りを繰り返すだけ。

買いを0.01でスタートした場合

売りが0.02、その次の買いが0.04、その次の売りが0.08、、、以下同じルールです

さっきやってみたトレード事例

114.00になったので、

ここから反発して上がっていくか、

ぎゃーっていいながら損切りを巻き込んで落ちていくのか

そういうレベル感に到達したので買いスタートで始めました。

使った幅は10Pipsです。

上の図の一つ目の青い〇です。

すぐ反発しましたが、抜け感が出ず、その後114.00-113.90の間でモミモミ。

買い→売り→買い→売り→買いときて、抜けてばーーんと進んだので決済。

この時点で最終のポジションは0.16の買いでした。

トレード履歴はこんな感じになります。

10Pips以上動いた所で決済すれば、トータルでプラス。

それまでのマイナスもチャラにして、プラス。

20Pips,30Pips以上動けば、余裕でプラス。

コツがわかれば、毎回プラスで終われます。

ポイントは最初のロットを小さくすること。

一発を狙って、アウトとなると戻ってこれませんので、小さく始めてください。

レンジが続いて あ、こりゃだめだと思ったら

負けを認めてすぐ撤退すること

エクイティが残ってさえいれば次の手は打ちようがあります。

よく、これって破たんするのではと聞かれましたが

少ない残高の口座で大きいロットでトレードすれば必ず破たんします。

大い残高の口座で小さいロットでトレードして、撤退を守れば、それは破たんではなくて、ただの損切りです。

損切りになるのか、破たんになるのかは自分の口座残高とロット次第です。

上がっても下がってもいい

方向感に賭けるトレードはプロでも勝率はよくないです。

素人だったら、いわずもがな。

このツールはボラティリティに賭けるという考え方ができるようになると

急に勝率は上がり始めます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク